病院概要|病院の沿革

病院の沿革

回想記

柳井病院創立前後の思い出(PDF 90KB)

病院の沿革

昭和15年9月 元陸軍西部第8部隊(船舶工兵)として開設
昭和20年8月 原爆により被災した広島第一陸軍病院が当地に移転、また、広島・山口・島根県下に疎開していた臨時分院が整理され当地に集結
昭和20年12月1日 厚生省に移管、国立柳井病院発足
昭和22年4月1日 国立療養所山陽荘分院柳井病院設置、国立病院から転換
昭和25年4月1日 国立療養所柳井病院として独立
昭和28年4月1日 国立柳井療養所と改称
昭和39年9月 結核病床20床を一般病床に転用
昭和42年5月 結核病床34床を一般病床に転用
昭和42年10月 結核病床50床減
昭和45年2月 結核病床46床を一般病床に転用(一般100床)
昭和48年 第二次特別整備病院に指定
昭和49年7月 第6・7病棟竣工(RC2F)一般病床100床
昭和50年4月1日 国立療養所柳井病院と再び名称変更
昭和50年11月 結核病床を一般病床に転用50床
昭和51年4月 重症心身障害児(者)病棟(第 8病棟:40床)開設
昭和52年4月 重症心身障害児(者)病棟(第11病棟:40床)増設
昭和52年9月 第3・5病棟竣工(RC2F)一般50床、結核50床
昭和53年8月 結核病床50床を一般病床に転用
(結核病床150床・重心80床・その他一般200床)
昭和55年1月 第2病棟(50床)、サービス棟竣工。(RC1F)
昭和55年4月9日 旧第1病棟(結核50床)閉鎖
昭和56年3月 外来治療棟、手術棟竣工
昭和58年7月 第1病棟(50床)竣工(RC1F)
平成元年3月 外来治療棟増築(CT棟新築)(RC1F)
平成2年10月 外来治療棟増築(RC2F)
平成3年11月 屋外訓練場新設
平成5年12月 病歴保管庫新築
平成9年11月17日 旧第1病棟(結核50床)を廃止
(結核病床100床・重心80床・その他一般200床)
平成11年3月1日 第1病棟(結核50床)閉鎖
平成11年3月23日 第1病棟(結核50床)廃止
(結核病床50床・重心80床・その他一般200床)
平成11年3月23日 結核病床50床を一般病床に転用(第5病棟→第1病棟へ)
平成12年8月1日 神経難病病棟開設(1病棟)
平成13年3月31日 附属看護学校閉校
平成13年4月1日 新診療科として神経内科を標榜
平成15年3月31日 結核病棟(50床)廃止
平成16年4月1日 独立行政法人国立病院機構柳井病院へ組織・名称変更
新診療科として循環器科及びリハビリテーション科を標榜
平成20年9月1日 血液透析治療を開始
平成24年4月1日 独立行政法人国立病院機構 柳井医療センターへ名称変更
平成25年6月2日 5階建新病棟開設
平成25年10月1日 MRI新設、救急外来新設
平成30年4月1日 標榜科のうち神経内科を脳神経内科に名称変更

独立行政法人国立病院機構 柳井医療センター(旧 柳井病院)
〒742-1352 山口県柳井市伊保庄95番地 TEL 0820-27-0211 FAX 0820-27-1003